職業的に不安

初めまして。インターネット関係の仕事を自分でやっているケンジといいます。いわゆる自営業者や個人事業主という状態です。

 

ちょっとここで、自営業者と個人事業主って違いがあるのか?気になって調べてみました。

 

自営業者とは?

個人事業主による事業であり、独立して自分で経営している事業者。

個人事業主とは

会社組織である法人にはせずに個人で事業を営んでいる人。

 

ということでした。気になっていたほど変わりはなく、とりあえず株式会社や有限会社といったような法人ではなく、個人で事業をしている人のことを言うってことですね。

 

男性

売上が大きければ法人にしたほうがいいでしょうが、そこまでの売り上げがない場合に自営業・個人事業主という形でいるということになると思います。僕自身そんなに大した売り上げがないですし。

 

食べていくには困らない状態ではあるのですが、やはり経費がかさんだり先に支払いをしないといけない状態などになれば、お金のやりくりに困るということは結構あります。

 

サラリーマンの様に毎月定期的に決まった収入が入ってくるわけでもないですし、予期せぬ支出も時々あるんですよね。サラリーマンとして働いていた時にはわからなかったですが、経営者も大変なんだなーということがつくづく自分が経営者になってから分かってきました。

 

こういう感じで事業自体にどうしても安定感がないので、個人として借りれるカードローンがあれば便利だなと思って一つ作ろうと思いました。一つ持っておいていくらか借りることがすぐにできる状態ならば安心できますからね。

 

でも、ここで疑問なのが自営業・個人事業主って、そもそもカードローンの審査に通ってお金を借りることができるのか?ということです。

自営業・個人事業主でも借りれるのか

自営業・個人事業主の場合、どうしても収入が安定するということはないと思います。

 

今月の売り上げはよくて利益的にも良かったけど、来月はかなり仕事量が減ってしまい売り上げがヤバい・・・なんてことも普通にあることでうすから。

 

自営業・個人事業主の場合、売り上げから経費を引いた利益がそのまま自分の収入という訳になります。

 

この収入が毎月安定していないということが、カードローンの審査に通ってお金を借りることができるのか?という不安の原因になってしまいます。

 

消費者金融や銀行などの貸す側からすれば、収入が安定していない人にお金を貸すのは不安でしょうからね。収入が下がって返済できなくなってしまう可能性もあるわけですから。

 

でも、実際には自営業・個人事業主の方でも金融機関からカードローンでお金を借りることは可能です。カードローンの審査に通る可能性は十分あるのです!

 

自営業・個人事業主だからといって、すべての人の収入が安定してないわけでもなく、収入が安定している人は安定していますしね。こういう人まで借りれないというのはちょっとおかしいですし。

 

もちろん、すべての人が借りれるというわけでもなく、各金融機関の審査によって決められるということです。なので、まずは審査に申し込みしてみないと分からないということになります。

 

審査基準ってどの金融機関も公表はしていないので、僕たちが事前に審査に落ちるか通るか知ることは不可能ですからね。

 

で、カードローンの審査に申し込む金融機関となれば【銀行】か【消費者金融】になると思います。

 

審査基準は公開されていないのですが、【銀行】は審査に厳しいということは間違いなく言えるでしょう。銀行の場合かなり金利を下げて貸付しているので、その分審査もかなり厳しくなります。

 

だからと言って【消費者金融】の審査が通りやすいというわけではないです。ただ、どちらかというと審査に不安な自営業・個人事業主の場合、申し込みするなら消費者金融のほうがおすすめかなと思います。

 

おすすめの消費者金融

自営業・個人事業主には消費者金融がおすすめということを言いましたが、その消費者金融の中でもおすすめの消費者金融を紹介しておきますね。

 

年代によっては「消費者金融」と聞くと、悪いイメージしかない人もいると思いますが、今は大手ならどこも健全な経営になって怖いとかいうネガティブなイメージはなくなってきていますよ。

 

ただ、重要なのは大手の消費者金融を利用するということだと思います。

 

プロミス

自営業・個人事業主の方にまずおすすめなのが大手消費者金融のプロミスです。
プロミスはWeb申し込みを利用すれば最短1時間での融資も可能となっていますので、急いでいる自営業の方も大丈夫です!
また、プロミスと初めての契約の方でEメールアドレスを登録して、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択いただいた方は30日間無利息で利用できます。
そんなに難しい利用条件ではないので、是非30日間無利息で利用できるようにするといいでしょう。
しかも、初回の利用翌日から30日間無利息なので、すぐに利用しない人でも無駄なく30日間の無利息を利用できます。

 

≫プロミスの申し込みはこちら

アコム

アコムも大手消費者金融の中ではかなりおすすめできる金融業者です。
このアコムも最短で即日融資が可能で、かなりスピーディな対応をしてくれるので急いでいる人も安心しても申し込みするといいでしょう。
また、アコムはローンカードをクレジットカード機能付きのアコムマスターカードにすることもできます。
アコムマスタカードならクレジットカードとしてショッピング利用もできるので便利ですよ。
即日発行することもできるので、キャッシングじゃなくスグにクレジットカードが欲しいという方にもおすすめです。

 

≫アコムの申し込みはこちら

SMBCモビット

SMBCモビットは公式サイトで少ない入力項目で融資可能かすぐにわかる0秒簡易診断があるので、すぐに結果が分かりたい人は利用してみるといいでしょう。ただ、正式な審査ではないので、この通りに本審査結果になるとは限らないので注意してください。
あと、一定条件を満たせば電話連絡・郵送物無しのWEB完結申し込みも利用できるので、条件に当てはまる人は利用してください。
ローンカードはTカード機能もプラスしたTカードプラスカードも洗濯することができますよ。

 

≫SMBCモビットの申し込みはこちら

アイフル

アイフィルの審査は最短30分で完了して、即日融資も可能となっています。消費者金融は即日融資が可能なのがいいですよね。
あと、利用限度額が50万円以下であったり、他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は収入証明書は原則不要になります。
自営業・個人事業主の方で収入証明書を提出するのが嫌だなという人は、この範囲内に利用限度額を抑えておけばいいかなと。ただ、あくまで原則なので提出を求められる場合もあります。

 

≫アイフルの申し込みはこちら

レイクALSA

-

レイクALSAは新生銀行グループの消費者金融です。
レイクALSAは2つの無利息ローンがあるのが特徴で、「借入額のうち5万円までなら180日間利息0円」「借入額全額60日間利息0円」のどちらかを選ぶことができます。
自分の借入額などによって最適な無利息ローンを選択するといいですね。ただ、どちらも初めてレイクALSAを利用する方で契約額が1〜200蔓延までの方に限定されます。
サービスの一環である無利息ローンですが、レイクALSAが一つ抜きに出ている感じがしますね。

 

≫レイクALSAの申し込みはこちら

 

銀行はダメなのか?

自営業・個人事業主の方におすすめなのは消費者金融ということですが、銀行カードローンがダメというわけではないです。

 

ただ、銀行カードローンは審査がかなり厳しいので、審査に不安のある自営業・個人事業主の方は消費者金融のカードローンがいいのではということです。

 

カードローンの審査って審査に落ちたから次他の金融機関に申し込めばいいということもあるのですが、審査に落ちて次っていうのを繰り返しているとより審査に通りにくくなってくるのです。

 

他社の審査に申し込みしたっていうことは、次に申し込んだ金融機関も照会情報を見ればわかることなので。

 

なので、審査に不安のある方が落ちる可能性の高い審査の厳しい銀行に申し込みするのではなく、まずは消費者金融の審査に申し込んでみようということなのです。

 

まあ、自営業・個人事業主の方でも事業の運営がうまくいっていて、審査には自信があるという場合は、銀行カードローンに申し込みしてみるのも全然ありです!

 

そこで、銀行カードローンでおすすめなのも紹介しておきますね。

 

まずはやはり借りるのなら商品力ということから考えるとメガバンクから検討するのがベストかなと思います。もちろん今口座開設をして取引をしている地方銀行などあればそちらでも大丈夫です。

 

ただ、銀行カードローンに関してはどこも即日融資は不可で、融資まで数日は時間がかかるので注意してください。以前は銀行も即日融資が可能だったのですが、今は警察庁へのデータベース照会が必須となっているので、即日融資は不可能となりました。

 

大手銀行でおすすめ

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンがまずはおすすめかなと思います。全体的にバランスが取れているカードローンなので。
金利は年1.8%〜年14.6%で最高融資額500万円というのがバランス感がいいかなと思います。
なぜかというとあまり融資額が大きくても、自営業・個人事業主の方の場合そんなに高額な融資は受けられない可能性が高いからです。
ならば最高融資額はそんなに大きくなくて、最高金利が低めっていうのがベストですからね。融資額が低いと最高金利が適用される可能性が高いので。

 

≫三菱UFJ銀行の申し込みはこちら

みずほ銀行

-

みずほ銀行も誰もが知っている大手の銀行ですね。金利へ年2.0%〜14.0%で最大限度額は800万円となっています。みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は金利が0.5%ほど下げてくれるので、引き下げ後の適用金利は年1.5%〜13.5%とかなり低くなります。
ですので、みずほ銀行の住宅ローンを利用している自営業・個人事業主の方はみずほ銀行カードローンがいいかもですね。
みずほ銀行の口座を持っている方は、カードローン口座の開設後に、持っているキャッシュカードでそのままキャッシングできますよ。

 

≫みずほ銀行の申し込みはこちら

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンは金利が年4.0%〜14.5%で融資限度額が最高800万円となっています。
この三井住友銀行カードローンは約定返済時の借入残高が10万円以下の場合、月の返済額が2,000円となっています。
月々の返済額が少額に抑えられているので、無理することなく返済していくことができていいですね。余裕があるときには追加で返済していけばいいですからね。
ローソンやセブン銀行、ゆうちょ銀行、イーネットのATMと提携しているので、三井住友銀行ATMだけじゃなく、これらのATMでも借り入れや返済することができますよ。

 

≫三井住友銀行の申し込みはこちら

りそな銀行

りそな銀行カードローンは金利が年3.5%〜12.475%で、最高融資額が800万円となっています。
最高金利がこの金利というのはかなり低い金利だと思います。所謂メガバンクといわれる銀行の中でもトップの金利の低さではないでしょうか。
自営業・個人事業主の場合、そんなに高額な融資が受けられないという可能性が高いので、最高金利がこれだけ低いというのはかなりありがたいですね。
りそな銀行の講座でクレジットカードや公共料金の引き落としをしている方は、残高不足の場合オートジャージ機能も付いているので安心ですよ。

 

≫りそな銀行の申し込みはこちら

新生銀行

新生銀行のカードローンは「スマートカードローンプラス」という名前になっています。金利は年4.5%〜14.8%で最高融資額は500万円となっています。
返済は新生銀行の総合口座から毎月自動引き落としもできるようになっています。自動引き落としならば返済忘れの心配もないですもんね。もちろん自動引き落としじゃなくても大丈夫です。

 

≫新生銀行の申し込みはこちら

 

銀行カードローン金利の注意点

銀行カードローンを見るとすごく魅力的に映るのが【金利】ではないかと思います。やはり借りる側からすれば、金利が低ければ低いほどお得というか、返済総額が少なくて済むわけですからね。

 

○○%〜××%というように金利は表記されるのですが、○○%の部分が最低金利といってその金利の中で一番低い部分で、××%の部分が最高金利といってその金利の中で一番高い部分になります。

 

この金利帯の中でどれが適用金利になるか?ですが、審査により最高融資額が決められるのですが、その最高融資額によって金利が決まってきます。

 

最高融資額が高ければ高いほど○○%部分の最低金利が適用され、最高融資が低ければ低いほど××%部分の最高金利が適用されるということなのです。

 

なので、いくら最低金利が2.0%みたいな感じで住宅ローンかと思うぐらいの低金利設定になっていたとしても、その金利が適用されるためには融資限度額一杯の最高融資額が設定されないと無理ということです。

 

500万円とか800万円といった高額な融資額はかなりの最低でも1,000万円以上の年収を得ている人で、かなり信用のある会社に勤めている人じゃないと難しいと思います。審査基準は分からないですが多分。

 

自営業者・個人事業主の場合だと法人にしていないということは、安定した収入を得ている場合でも、そんなにたくさんの収入というわけではないかなと思います。ある程度の収入になると法人にするパターンが多いと思うので。

 

なので、そんなに高額な融資限度額を得られるということは少ないかなと。ほとんどの場合で100万円以下じゃないかなと思うのです。

 

だとすると、××%である最高金利に近い金利が適用となるので、銀行カードローンの金利設定に目を奪われすぎないようにしないといけないです。見るのならば最高金利がいくらか?っていうところを見ることが大事ですね。

 

上記で紹介している大手銀行カードローンの場合ですと、自営業者・個人事業主の方が一番低い金利で借りれる可能性が高いのは、最高金利が一番低いりそな銀行ではないかと思います。最高金利が12.475%となっていましたからね。

 

ネットバンク(ネット銀行)一覧

地方銀行は基本的にその地域や営業店舗がある地域に住んでいる人しか利用できないことが多いです。

 

大手銀行だと全国の人が利用できるのと、あと全国の人が利用できるのにネットバンク(ネット銀行)があります。ネットバンクというのは店舗を持たない銀行のことです。

 

実店舗を持たないためコストが削減され利用する人の手数料を抑えることができるというメリットがあります。

 

なので、個人向けカードローンも金利がかなり低いのかな?と思っていたのですが、正直そんなに店舗のある銀行と変わらないかなと・・・。

 

とりあえず、自営業・個人事業主の方の中にはネット銀行がいいという人もいる思うので、ネット銀行を一覧で紹介しておきますね!

 

銀行名 金利 最高融資額
オリックス銀行 1.7%〜17.8% 800万円
じぶん銀行 2.2%〜17.5% 800万円
イオン銀行 3.8%〜13.8% 800万円
ソニー銀行 2.5%〜13.8% 800万円
住信SBIネット銀行 0.99%〜14.79% 1,200万円
楽天銀行 1.9%〜14.5% 800万円
セブン銀行 15.0% 50万円
ジャパンネット銀行 2.5%〜18.0% 1,000万円

 

こんな感じで、最低金利はどこもかなり低いですね。住信SBIネット銀行なんて0.99%ですから。でもこの金利が適用されるのは、1,200万円もの融資枠でなければ適用されません。

 

正直、この融資枠が適用される可能性のある人は、ほとんどいないんじゃないのかなって思ってしまいます。実際のところは分かりませんが。下手すると住宅ローンの金利よりも安いですよね。

 

このように咲いて金利はかなり低いですが、最高金利は大手銀行とほとんど変わらないかなと。なので、ネットバンクで借りるメリットっていうのはそんなに多くないかもしれませんね。

 

とりあえず、このネット銀行の中で金利が低めなのはイオン銀行とソニー銀行になります。

 

 

急いでいる方で即日融資を受けたい方

自営業・個人事業主の方の中には、スグにお金が欲しい!という感じで急いでいる人も多いと思います。お金が必要なときってなぜか急なことが多いですから。

 

すでに何かしらのカードローンを作っておけば、そのローンカードを使ってお金を借りればいいのですが、まだローンカードを作っていないという人は今から申し込みしないといけないです。

 

でも、今すぐお金が欲しいからと言って、審査さえ通ればすべての金融機関でその日のうちに借りれるというわけではないのです。

 

まず、銀行カードローンに関してですが、銀行カードローンの場合は即日融資は出来ません。どの銀行でも関係なく銀行は即日融資が出来ないのです。

 

なぜかというと、銀行カードローンは警察庁のデーターベースへの照会が審査の一つい必ず付け加えられたからです。

 

この警察のデーターベースに紹介して回答を得られるまでに、最短でも翌日というようになっています。なので、絶対に即日融資は無理ということなのです。

 

なぜこのような警察庁へのデーターベース照会が必要になったかというと、暴力団関係者などへの融資を防ぐ為です。暴力団関係者や反社会的勢力に該当していないかどうかの照会ということです。

 

なので、銀行カードローンでは即日融資は受けられないです

 

ならば、消費者金融はどうか?ということですが、消費者金融はこういった警察庁へのデーターベース照会が義務付けられていませんので、即日融資が可能となっています。

 

ただ、中小の消費者金融だとほとんど即日融資は無理で、大手の消費者金融に限られます。当サイトで紹介している大手の「プロミス」「アコム」「SMBCモビット」「アイフル」「レイクALSA」に関してはどこも即日融資が可能となっているので、急いで申し込みするといいでしょう。

 

≫即日融資可能な大手消費者金融

 

急いでといいましたが、即日融資を受ける際にいつも使っている銀行口座に振り込みで融資を受けたい場合ですと、多くの場合平日の14時ぐらいまでに審査や必要書類の提出が完了しておく必要があります。

 

銀行自体が15時には閉店になってしまうので、だいたい14時ぐらいには完了しておかないといけないのです。

 

なので、即日振込してもらいたい場合は、急いで申し込みしておく必要があるということです。

 

ただ、申し込みが14時を過ぎてしまった場合や、土日祝日でも【プロミス】【アコム】に関しては即日融資を受けることができます。

 

もちろん振り込みでの融資は不可能ですが、ネットで申し込みしてから自動契約機にカードを取りに行けば、そのカードを使ってすぐに借り入れすることができるというわけです。

 

自動契約機に行くのが人に見られる可能性があるので嫌という人がいるかもしれませんが、そういう人はちょっと離れた自動契約機に行けばみられる可能性は低くなるかと思います。

 

どうしても今日お金が欲しい人で、銀行の営業時間である14時ぐらいを過ぎてしまった場合は、プロミスかアコムの自動契約機に行くしか方法はないでしょう。

中小の消費者金融一覧

自営業・個人事業主の方には大手の消費者金融をお勧めしていますが、何らかの理由があって大手消費者金融や銀行ではお金を借りれないか、借りたくないという人もいることでしょう。

 

事業を個人でやっていたらいろいろとありますからね。いろんなしがらみがあったりしますし。

 

そういうった方が個人向けのカードローンを利用したいとなれば、中小の消費者金融を利用するしかないかなと。そこで、中小の消費者金融を一覧で紹介しておきますね。

会社名 金利 最高融資額
フクホー 7.30%〜18.00% 200万円
ベルーナノーティス 4.5%〜18.0% 300万円
ダイレクトワン 4.9%〜20.0% 300万円
マンモスローン 7.3%〜15.0% 2,000万円
キャレント 7.8%〜18.0% 500万円
ニチデン 7.3%〜17.52% 50万円
アロー 15.00%〜19.94% 200万円
キャネット 15.0%〜20.0% 300万円
ライフティ 8.0%〜20.0% 500万円
エイワ

貸付金額10万円未満 19.9436%
貸付金額10万円以上 17.9507%

50万円
しんわ 7.0%〜18.0% 1,000万円
フタバ 14.959%〜17.950% 50万円
キャッシングエニー 5.0%〜20.0% 100万円
AZ株式会社 7.0%〜18.0% 300万円
アレックス 15.0%〜20.0% 300万円
アイアム 18.0% 50万円
アルコシステム 15.0%〜20.0% 50万円
キャッシングスペース 8.0%〜18.0% 500万円
ケンファイナンス 7.0%〜20.0% 300万円
田中商事 15.0%〜20.0% 50万円
ハローハッピー 10.0%〜18.0% 100万円
株式会社プログレス 15.0%〜20.0% 50万円
スピリッツキャッシング 15.0%〜20.0% 50万円
アルク 18.0% 50万円
ビアイジ - -
中央リテール 10.95%〜13.0% 500万円
マイフィナンシア 14.95%〜17.95% 100万円
グッドファイナンス 10.00%〜20.00% 1,000万円
アスト 14.9285%〜17.9215% 100万円
もみじファイナンス 15.00%〜20.00% 50万円
ライオンズリース 14.9285%〜17.9215% 300万円
エクセル 15.0%〜20.0% 500万円
ショーエイ 15.0%〜20.0% 100万円
いつも 7.0%〜18.0% 50万円
ミリオンインベストメント 18.0% 50万円
オリーヴファイナンス 15.0%〜20.0% 50万円
ローンズマルキ - -
富士クレジット 14.6%〜18.0% 100万円
新大阪ファイナンス 15.0%〜20.0% 50万円
スカイオフィス 15.0%〜20.0% 50万円
ユニズム 15.0%〜20.0% 100万円
セントラル 4.80%〜18.00% 300万円
ユニーファイナンス 12.00%〜17.95% 300万円